ニキビができないようにすることとできた時の対処

高校生くらいのとき、たまに限られた時期だけにやたらニキビがボツボツとできることがありました。

私の中でのニキビを作らないコツはとにかく放ったらかし。

洗顔をしない、お風呂上がりのケアをしないことでした。

でも稀に夏など汗を書いたり脂っぽかったりすると思いっきり洗顔してしまいたくなる時があって、してみるとみるみるうちにニキビができて増えていく気がしました。

肌のケアは過度にすると肌荒れにつながるとその頃に感じて学びました。

また、ニキビができたときに潰してしまうっていうのが私たち世代が高校生くらいのときに流行りました。特に白っぽくなっているニキビは中に脂がたまっているとかでそれを出したらいいのだとか。

確かに潰して絞ってみると中から液体が出て来たりしました。

ときには白い粒状のものが出て来てニキビの芯が出て来たー!なんて言っていたものです。

しかしそれをすると必ずと言っていいほどニキビがぶり返し、繰り返されると思います。

目元にしわができて老けて見えるしいやになる。目の下をふっくらさせたいの。ニキビもいやだよ。

長引いで跡が残ってしまった顔に次々に新しいニキビができてそのうちに顔は肌が荒れた状態になってしまっている子が多くいました。

私はニキビのケアの最大のコツは外的刺激を与えないことなんじゃないかと思っていました。

洗顔はお湯で軽くゆすぐ程度にし、ニキビを潰すなんてもってのほかでニキビ専用薬を上に塗り込むのではなく、ちゃんと乗せるようにして使うといいと思って実践していました。

そうして夜寝ると朝には完全に治ってないなしろかなり晴れや赤みは引き、快方に向かっていることが多かったように感じていました。

プレミアム酵母 卵巣嚢腫 おならが止まらない 子宮筋腫妊娠 蓄膿症 頭痛 後鼻漏 足の痛み 頻尿 非公開車両 ニキビ角栓 ラミューテ ルフィーナ 子宮腺筋症 足のしびれ 子宮が痛い